中学受験と高校・大学受験との違いとは何か

毎年のように志望中学校への合格のために受験生が必死になって毎日努力を続ける中学受験ですが、高校受験や大学受験と違う所がいくつかあります。

まず、中学受験において重要なキーワードは家族の協力というものがとても重要になります。特に難易度の高い私立中学校ともなると合格を目指すには一部の例外を除いて学校の学習だけではとても対応できなような難問題が出題されています。もちろん高校受験や大学受験も難関校に合格するには予備校などへ通う必要もありますが、中学受験はいわいる偏差値だけではわからない学校独自の思いが入試問題になる傾向があります。

まだ小学校6年生ですから多くの場合は進学先に考える中学校は4年生や5年生くらいの時に両親と一緒に考えて、学校説明会などに参加をするケースが多くこれも親が自分の子どもにあう私立中学校を選択しなくてはならないのですから日頃からの会話や子どもの考え方なども理解しておかなくてはなりません。

学校選びですが偏差値だけで学校を選ぶのもひとつの学校の選び方なのかもしれませんが、それだけが中学校の選び方のポイントではありません。
確かに学力面や生活面、部活動などで優秀な成績で結果を出している学校は大学進学も自分の希望に近い大学を選択できる可能性もありますが、中高一貫校などの場合には中学校に入学した時の状況と高校を卒業した時の状況で学力だけでなく子どもに適している学校を選択できていれば大きく伸びる可能性もあるのが中学受験の難しさです。

学校選びはとにかく親子でなるべく数多くの学校説明会に参加をして良い面だけでなく問題点があるのであれば見逃さないようにしながら第一志望を決めて、原則的に第一志望は変えないで受験に向かう事が大切です。

大学受験や高校受験でもあきらめるというのはあまり良い事ではないのですが、小学生の子どもの精神的な事を考えると第一希望はもちろんの事ですが、併願校においても学力面だけでなく校風をしっかりと理解して第一希望の中学校に行くことが出来なくても、決して悪い結果ではなかったと思える併願校選びも重要です。この役目はやはり親の役目になるので中学受験とは家族の受験とも言えます。愛媛県行ってみない?